審査甘いレディースローン


借りる際の審査基準

貸金業者の個人向け融資は、個人の信用を担保にお金を融資します。したがって、お金を借りる際にはその個人が本当に信用があるのかを確認するため、必ず審査が実施されます。通常審査に要する時間は、二時間程度だといわれていますが、銀行ローンの場合は二日ほど要する場合もあります。

また、金融業者ごとに審査基準は異なってきますので、審査の甘いキャッシング会社もあれば、審査の厳しいサラ金業者も存在します。

審査の内容は、まず本人の身分照会から始まります。身分照会は身分証明(免許証、保険証)で事足りますが、場合によっては自宅への確認電話をすることもあります。次に勤務先への所在確認です。

個人向の融資はその個人の信用に基づいての融資であるため、毎月支払えるだけの収入がなくては信用は得られません。したがって、収入のない無職や専業主婦はこの時点で審査で落とされてしまいます。

また、嘘の勤務先を記載していても、所在確認の電話でバレてしまいますので、これも審査で落とされます。

そして審査で一番重要になるのが、信用情報機関からのデータです。このデータには、現在の借金総額や過去の借金履歴などが事細かく記載されていますので、申込書に現在の借金総額を誤魔化して記載していても、バレテしまいます。

総量規制では年収の三分の一以上の借入が出来ないと規定されていますので、借入が多い人は審査不通過となってしまいます。また、過去の借金履歴で遅延行為が多い人、あるいは過去に自己破産をした人などで、事故情報として記載されている人も、要注意人物とみなされますので、審査には通りません。

これらの審査基準をクリアすることで、審査に通って目出度くお金が借りれる次第です。